良い点もあれば悪い点もある!電子タバコのメリットとデメリット


電子タバコにはタールが含まれていない

電子タバコのメリットの1つがタールが含まれていないことです。煙草特有の嫌なニオイはタールが原因であるため、タールが含まれていない電子タバコは煙草特有の嫌なニオイを出さないというメリットがあります。部屋に煙草特有のニオイが充満しないので、周囲の人から迷惑だと指摘されるシーンも減るでしょう。タールが含まれていないので、歯や壁が黄色く変色してしまうこともないと言えます。電子タバコであれば衣服が変色してしまうことも減るでしょう。

電子タバコにはニコチンが含まれていないのも魅力的なポイントです。電子タバコから出る煙にはニコチンが含まれず、水蒸気だけが出ている状態になっています。そのため副流煙や受動喫煙の危険性もないと言えます。ニコチンが含まれていないので禁煙を考えている人にもおすすめです。

電子タバコは充電が必要

電子タバコのデメリットは充電が必要なことです。煙草であれば1本の煙草とライターを持っていれば吸うことができますが、電子タバコは充電が切れていれば利用することができません。そのため定期的な充電が面倒だと感じる人には電子タバコは向いていない可能性が高いです。電子タバコの中にはメンテナンス作業が求められるものもあります。使い捨てタイプであればメンテナンスは不要ですが、長期的な使用を考えるとコストが高いというデメリットもあるでしょう。これらのことを考えれば、電子タバコは充電やメンテナンス作業を面倒だと感じない人に向いていると言えます。

pod型vapeは、味や香りが良くて簡単に扱えるので電子たばこの初心者におすすめです。また、このタイプには、リキッドを自分で充填するものと最初から入っているものの2種類があります。