電子タバコに興味がある方は必見!電子タバコの特徴や煙草との違いを紹介


様々な香りが楽しめる電子タバコ

電子タバコの特徴は簡単に言うと電気を使用して吸引する煙草と言えるでしょう。電子タバコは基本的にバッテリーとカートリッジ、そしてアトマイザーと呼ばれるパーツで形成されています。ただ、電子タバコの中にはバッテリーとアトマイザーが一つになっている製品もあります。また電子タバコの大きな特徴はリキッドと呼ばれるものを蒸発させて吸引する煙草であるという点です。現在、電子タバコに使われるリキッドには、メンソール系やフルーツ系、フローラル系など様々な種類の香りがあります。様々な香りが楽しめる点も一般的な煙草にはない電子タバコ特有の特徴と言えるでしょう。

電子タバコは煙ではなく水蒸気を発生させる!

電子タバコが煙草と大きく違っているのは、煙ではなく水蒸気を吸引するという点です。一般的な煙草は、ライターなどで着火するとタバコ葉が燃焼する事で煙が発生する仕組みとなっています。一方、電子タバコは加熱ユニットが動作して水蒸気が発生するようになっています。そのため、基本的に電子タバコには煙草独特の臭いがありません。電子タバコは煙を出さない上、臭いもしない事から副流煙で周囲に迷惑をかけたり、身体に煙草臭さがの残るといった事がなくなるメリットがあります。

また一般的な煙草にはニコチンやタールなど身体に害があると言われている物質が含まれていますが、電子タバコにはそのような物質は含まれていません。煙草に比べると電子タバコは健康被害のリスクを大きく抑えられると言えます。

ニコチンリキッドとはVAPEのニコチン入りリキッドの事で、電子タバコを吸うために必要なリキッドの事を指します。