壁面緑化のメリットとは?家庭でも簡単にできる?


さまざまな効果がある壁面緑化

壁面緑化とは、建物の壁面を植物で覆い緑にすることで、緑のカーテンなどと呼ばれることもあります。緑の少ない都市部では、二酸化炭素の削減に役立ち空気をきれいにするとともに、目にする人にとっては視覚的な潤いにもなります。また、建物の温度の上昇を抑えることから、ヒートアイランド現象の防止対策としての効果が知られていて、大きな意味では地球温暖化の対策にもなるといえます。建物の温度が変わりにくいということは、建物内の冷暖房の効率が良くなるということでもあり、設置者自身にとっては省エネルギー効果も期待できます。また、大きな商業施設などで、高い建物の全面を緑の植物で覆ってしまう大胆なものは、デザイン性に優れたものが多く集客効果もあるといわれています。

家庭で簡単にできる壁面緑化

壁面緑化の方法はいろいろありますが、一般の家庭でできる方法として代表的なものは、登攀型と呼ばれるタイプのものです。これは緑化したい壁面の下の地面やプランターなどにつる性の植物を植え、壁に沿って這わせたり、ワイヤーやネットなどを張って伝わせたりするものです。選ばれる植物は、壁に這わせるものではアイビー、ネットなどを使うものでは朝顔やゴーヤ、へちまなどが人気です。この方法はほとんどの場合、大がかりな工事などの必要もありません。また、緑の恩恵を受けるだけでなく、成長したら花を愛でたり収穫の喜びを感じられたりという楽しみもあります。ただし、特に暑い季節には水の管理などが欠かせないことも忘れてはいけません。

壁面緑化のメリットとして挙げられるのが、光熱費の節約です。太陽光を直に建物が受けなくなり、極端な気温上昇が予防できます。